ABOUT JOB

入社後の流れ

どのような仕事をどのように行なっているのかを纏めた、当社の3W1Hと、入社後の流れについてご覧いただけます。
下のボタンで切り替えてご覧ください。

STEP 1

マンツーマン指導

#

入社後はまずは研修として、課題や自社のシステム開発を行う会社が殆どですが、SHCではOJT形式で実際のシステム開発業務にあたっていただきます。私たちの考えは、入社後の数か月を課題研修にあてるのは「もったいない」です。「最初から実際のシステム開発に参画して、戦力になるのか?誰か面倒を見てくれるのか?」といった点が心配になるかと思いますが、そこは心配ありません。弊社の教育理念は無駄を省き、必要なことをよりスピーディーかつ正確に詰め込んでいくことです。例えば、分からないことがあった際には、自身で長時間調べるのではなく、先輩にすぐに聞くように指導しています。教える側も「教える」ことで自身の成長にもつながります。教える側と教えられる側、双方で綿密なコミュニケーションを取ることにより、互いの成長を促進させています。

STEP 2

一人前になったら

#

一人前のエンジニアになると要件定義や基本設計といった上流工程をメインに担当します。一般的な企業では上流工程を担当するようになるには早くとも5年程はプログラマーとしての経験を積む必要がありますが、弊社では入社後2年程で上流工程を経験できます。なぜかというと、弊社が上流から参画する案件が多く、弊社のメンバーがリーダーとして参画しているため、経験を積む機会を与えられるからです。また、上流工程はシステムの品質に大きくかかわる部分である為、技術力だけではなくお客様の要望を正確に聞き取る力と、要望に沿った提案をする力が必要になります。

STEP 3

その後のキャリアアップ

#

一通りキャリアを積んだら、今後自身がどのような方向に進みたいか考える必要があります。エンジニアとしてより技術を磨くためアーキテクトを目指すも良し。プロジェクトを自分で動かしていくためにプロジェクトマネージャーを目指すも良し。自分自身がどの方面に進んでいきたいかを模索し、代表や上司と一緒に方向性を決めていきます。経営陣との距離が近い為、時には会社の経営にも係わっていただきくこともありますし、私たちはそういった人材を求めています。