システムエンジニア K・Y

Profile プロフィ ール

Profile プロフィ ール

2015年入社。文系学部を卒業し、新卒で入社。現在は、エネルギー診断監視システムの開発を担当。

中身の濃い入社前研修を受け、文系からエンジニアへ

当時の私は文系学部の出身でシステム設計の知識はゼロ。ただ、システムエンジニアになった友人が周囲に多く、ばく然とした興味がありました。就活中、以前から知り合いだった弊社取締役の高橋さんから声をかけられ、入社を決意しました。

「ものづくり」の面白さを体感できる

入社して最初に携わった業務は、コンテンツストック販売事業におけるコンテンツ管理システムの保守運用と新規機能の設計開発でした。高橋さんとともに現場に常駐し、手取り足取り教えていただきました。現在はソーラーパネルのエネルギー監視システムや仕入れ調達システムの開発を担当しています。
仕事は今もわからないことばかり。しかし、不明点はすぐに先輩に質問し、その場で解決するように心がけています。プログラミングは「ものづくり」と同じです。なにかをつくり上げることが好きな人なら、きっとプログラミングが好きになりますし、文系出身でもまったく問題ありません。自分がつくったプログラムが動いたときには、大きな達成感があります。反対に思うように動かないときは根気よく原因を究明するのですが、好きだからこそ、その作業も苦にはなりません。

「ものづくり」の面白さを体感できる

働きはじめてからプライベートが一層楽しくなった!!

働きはじめてからプライベートが一層楽しくなった!!

業務で心がけているのは「スピーディかつ正確に」ということ。スピーディに作業をするためには技術が必要ですし、正確性はシステムにとってもっとも重要な要素です。
周囲の先輩方を見ていると、作業が速くて正確で、まだまだ太刀打ちできません。しかし、すぐそばに目指すべきエンジニアがいることは、とても恵まれている環境だと実感しています。
いっしょに働く先輩の方針で、残業はなし。おかげで平日の夜や休日は、野球観戦やコンサートなどへどんどん出かけています。働きはじめてから、プライベートの時間が以前よりも楽しくなりました。これもメリハリのある仕事ができているからだと思います。

1日のスケジュール

9:30 出社

9:30~12:00
開発、テスト、データ
投入などの作業

ソーラーパネル仕入れ
調達システムの
開発設計を担当。

12:00 ランチ

先輩と常駐先のご
担当者様の3人で、
よく外食に出かけ
ます。

13:00 開発作業

先輩の指示に従って
システムを修正・報
告。1日の最後に、
翌日の午前中の作業
指示を受けます。

18:00 退社

応援するプロ野球球団のスタジアムが近いので、よく試合観戦へ。
rule

システムエンジニア M・O

Profile プロフィール

Profile プロフィール

2015年入社。保険会社のWeb基幹システムでテストを担当。

未経験からシステムエンジニアに

大学は文系の学部で、IT知識はなし。就活では当初事務職を探していたのですが、活動を続けるうちに「事務職より、手に職が付くシステムエンジニアのほうがいいのでは?」と考えるようになりました。
そしてJR中央線沿線で採用募集を探すうちに、弊社のWebサイトを発見したのが入社のきっかけです。社員同士が楽しそうに歓談する写真をFacebookで見て、「仲がよさそう。きっと雰囲気のいい職場なんだろうな」と思い、応募しました。
面接では樋口社長から「この仕事は女性にも向いている。努力をすれば、見合った対価が得られる。」という言葉をいただき、入社を決意しました。未経験からシステムエンジニアを目指す私を歓迎してくれたことにとても感謝しています。

周囲と比べても、「私は恵まれているな」と感じます

入社後は先輩と同じお客様のもとに常駐し、バグを発見するテストを担当しています。「テスト仕様書」という文書を作成するのですが、当初の仕様書のテンプレートがわかりづらく、「こんなふうに工夫すれば、誰にでもわかりやすくなるんじゃないかな」と考えるようになりました。そこで先輩と相談して自分なりに仕様書を変更してみることに。その結果、よりわかりやすい仕様書を作成することができました。自分で考え、自分で工夫して改善していけることが楽しく、今のところ仕事の苦労を感じることはありません。

周囲と比べても、「私は恵まれているな」と感じます

技術力を追求できる環境

技術力を追求できる環境

システムエンジニアの仕事に性別は関係ありません。「女性」を言い訳にすることなく、スキルを積むことでどんどんステップアップしていきたいと考えています。
現在の目標は、まず仕事をひととおり覚えて、先輩のようなエンジニアになること。そして後輩が入社してきたら、私が先輩からしていただいたように、丁寧に仕事を教えてあげたいです。そのために帰宅後もプログラミング言語を勉強し、知識を増やしています。

page up